9096676きゃりーぱみゅぱみゅや、ももいろクローバーZらが落選する一方で、見飽きた顔ぶれも多い。NHKの選考基準は何なのか? 関係者が舞台裏をこっそり明かす。
「厳正なる審査で出場歌手が決まると思ったら大間違い」・・・



「実際は、業界の力関係がモノを言います。バーターも恐ろしいほど多い」 そう証言するのは、老舗レコード会社幹部。

「藤あや子は、芸能界のドンの寵愛を受けていますし、伍代夏子は芸能界の“裏ドン”と呼ばれる杉良太郎の妻。今年は香西かおりが落選しましたが、
これも相当紛糾したそうです。演歌勢で“必ず入れないといけない人”が多すぎるため、きゃりーやももクロの入る枠がなくなるのです」

業界力学の働く“是非モノ”は、「彼女が売れれば業界の重鎮が潤う」と言われる西野カナ、諸般の事情からエイベックスが猛プッシュするAAA、バーニングプロダクションが権利を掌握する演歌歌手・三山ひろしなどが挙げられる。

「細川さんなんか、最後の最後で逆転出場になりましたからね。和田さんは司会に綾瀬はるかさんが起用されたことで、バーターが成立」・・

(source: BIGLOBEニュース - きゃりー&ももクロが落ちて、伍代夏子と和田アキ子が受かる紅白歌合戦の摩訶不思議

関連リンク: 「今年の紅白の出場歌手で選考に疑問の人は?」アンケート 1位に選ばれたのは・・・

紅白歌合戦2015 落選歌手の理由 復活歌手に注目