9104910大沢が実施したDNA鑑定では、「生物学的父親ではない」すなわち"父性確率0%"とする結果が出たと伝えられているが、そもそもDNA鑑定において父性確率0%という結果が得られるものなのか? 考慮しなければならないのが、「DNAキメラ」の存在だ・・・



「DNAキメラ」とは、同一の個体内に異なる複数の遺伝情報を持つ細胞が入り混じっている状態であり、発現率は極めて稀ではあるが、実例の報告もある。

2002年、米ワシントン州に暮らすシングルマザーが、生活保護を受けるために3人の子どもとの親子関係を証明するDNA鑑定を受けた。すると、別れた父親と子どものDNAは一致するが、本人と子どものDNAが一致しない。

しかし弁護士らによる尽力の結果、シングルマザーの全身50カ所から採取したDNAのうち、子宮から採取したDNAが子どもと一致することが判明。
シングルマザーのDNAは「DNAキメラ」であり、DNAを採取する体の場所によって、細胞内に含まれる染色体や遺伝子が異なっていた。

このように「DNAキメラ」現象という"死角"が存在するため、DNA鑑定に"絶対"はあり得ない。今回の喜多嶋と大沢のケースでも、大沢か息子のどちらかが「DNAキメラ」である可能性を考慮する必要があるだろう。

(source: ニコニコニュース - 喜多嶋舞の主張は正しい!? 大沢が行ったDNA鑑定の死角「マイクロキメリズム現象」を考慮していない可能性

関連リンク: 喜多嶋舞が芸能界引退を表明! 「DNA再鑑定で潔白を証明したい」 そして大沢樹生のコメントは・・・

綿棒による口腔内細胞のDNA採取方法と検査手順