9114555テレビ番組で、HONDAの創業者、本田宗一郎氏の伝説を特集した。宗一郎氏は静岡県浜松市に自動車修理工場を開業し、現在の本田技研工業に成長させた。だが、自身の葬儀は出したくなかったのだという・・・



宗一郎氏は、品質においても妥協はなかったと公式サイトで語られている。

「100%を目指したんじゃあ、人間のすることだから、1%やそこいらのミスをする。その1%を買ったお客さんには、Hondaは、100%の不良品をお売りしたことになってしまう。だからミスをなくすために120%を目指さなければならないんだ」

これがホンダスピリットで、当時の全従業員に徹底された魂でもある。



自動車会社の創業者である自分が葬式を出して、大渋滞を起こしてしまっては世間に申し訳ないという理由で遺言に残した。その遺言にしたがって社葬は行われなかった。思いやりというよりもあくまで道路のことや自動車のこと、そして自動車に乗る人間のことを第一に考えて、そういった行動に出たのである。

(source: マイナビスチューデント - 本田宗一郎が自身の葬儀を出したくなかった理由は渋滞させないため

本田宗一郎さんがSONYで1度だけ行った講演