911685212月13日、新聞各紙が一斉に報じたのが「餃子の王将」事件に関する衝撃情報だった。現場に暴力団組員のDNAが残されていたというのだ。新聞では記されていないが、この暴力団とは北九州に本拠地を置く工藤会。この組員は40代で傘下の組長をつとめているという。



しかし、京都に本拠地を置く王将の社長を撃ったのが、なぜ九州の暴力団関係者なのか。ここで、各マスコミが注目しているのが、王将と九州のゴルフ場をめぐるトラブル、そして部落解放同盟元幹部との関係だ。

たとえば、「フライデー」(講談社)1月1日号はこう書いている。
〈90年代末、工藤会のおひざ元である福岡のゴルフ場が資金難に陥った。その際、ゴルフ場の経営者Xと親交のあった王将の創業家出身の3代目・加藤潔社長(当時)が約90億円を子会社に通じて迂回融資した。だが、返済は焦げつき、王将は財政危機に陥ってしまったのである〉

9116852-1

また、同誌によると、Xは以前から工藤会との関係が囁かれる人物で、その後、迂回融資問題は解決したと見られていたが、迂回融資の残債が20億円ほどあり、殺された4代目社長がその回収にあたっていたという。

「フライデー」は名前を書いていないが、Xというのは福岡で手広くビジネスを展開する実業家の上杉昌也氏、“解同のドン”といわれた故・上杉佐一郎元部落解放同盟中央執行委員長の異母弟にあたる人物である。

以前から、部落解放同盟の裏側を追及してきた『京都の裏社会 山口組と王将社長射殺事件の聖域』には、関係者のこんな証言を掲載している。
「『王将』のバックは、なんといっても上杉佐一郎さんでしたよ。(略)『王将』の餃子の店の全国展開に乗り出す際、数百億円ともいわれる原資をメガバンクから上杉さんが引っ張ってきたそうです」

詳細は(source: エキサイト - 「餃子の王将」社長射殺事件でマスコミが注目する「工藤会」「部落解放同盟元幹部」との関係! だが真相は…

関連リンク: 「餃子の王将」銃撃事件で新展開 遺留品DNAが暴力団組員と一致

「餃子の王将」事件2年 10月に京都の関係先を捜索