9118992問題となったのは、19日に行われた男子シングル準々決勝。高校時代に卓球の「神童」と名をはせ、韓国卓球界の「次世代のエース」として注目されていたチャン・ウジン(20)が3セットを先取。ベスト4進出も目前と思われたものの、その後4セットを連取され、まさかの逆転負け・・



押され気味だったチャンは、試合中にもあからさまないら立ちを見せラケットを卓球台にたたき付け審判から警告を受けた。

さらに、敗北が確定するといよいよ怒りは収まらない。持っていたボールを足で踏みつけたばかりか、審判にボールを要求、受け取ったボールまで割るという暴挙に。この行為には韓国のネットユーザーから、見苦しいと批判が続出・・・

(source: livedoor ニュース - 卓球の韓国代表チャン・ウジン 試合に負けた後の行動に批判

チャン・ウジン選手の映像