9124683大阪・梅田の広大な地下街がネット上で、地下迷宮を意味する「梅田ダンジョン」や「世界有数の都市型迷路」と称され、注目を集めている。地図を片手に右往左往する外国人旅行者が続出。日本人観光客でも遭難してしまうケースが多発しているという。



大阪の玄関口・梅田の地下街の複雑な構造を、初めての来訪者が理解するのは極めて難しい。特に日本語に不慣れな外国人が道に迷う姿が目立つが、ツイッターでは連日のように日本人の「遭難者」からの投稿が相次ぐ。



例えば、阪急梅田駅からジュンク堂書店大阪本店までのルート。乗るエスカレーターによっておりる場所が変わるため「まず駅を出る際に2階改札から出るか3階改札から出るかが問題」とし、「どの選択肢も見通しがきかないので一度迷ったら本当の『迷宮入り』になってしまう」としている・・・

詳細は(source: iza - 訪日客をのむ梅田“地下迷宮” 方向感覚つかめず…日本人客も“遭難”

特別編 梅田ダンジョン攻略 JR大阪→阪神梅田 最短ルートとは?