9135618気象庁によりますと、6日午前10時半ごろ北朝鮮北東部で地震の波形とは異なる振動が観測されました。マグニチュードに換算すると5.1と推定され、深さはごく浅いことから、気象庁は「核実験の可能性もある」とみて詳しい分析を行っています。



揺れが観測された付近には北朝鮮の核実験場があります。3年前(2013年)と7年前、それに10年前に北朝鮮が地下核実験を行った際には、今回と近い場所で地震の規模に換算してマグニチュード5前後の振動が観測されました。



波形は地震とは異なる特異な振動を示しており、気象庁は、「過去に北朝鮮で地下核実験を行った際に観測された波形とよく似ている」と話しています。

(source: NHKオンライン - 北朝鮮で揺れ観測 “核実験の可能性”

「水素爆弾の実験に成功」北朝鮮が“特別重大報道”


「北の核実験は重大な脅威」 安倍総理が強く非難