9136904栃木県佐野市で、小学校の母親2人が1週間の間に相次いで自殺した事件。関係者はいまだにその深い“後遺症”に苦しんでいるという。 「今はお父さんが男手一つで小学生の娘と息子を育てているんです・・・」



近隣住民 「毎朝、出勤前に家族全員分の洗濯物を干しているのを見かけます。A子さんが亡くなられてから、若いのに髪の毛は白髪ばかりになって…」

市の教育委員会によれば、亡くなったB美さんは保護者のXさんと何らかのトラブルを抱えていたという。Xさんはその後、仕事に出ていないというが、それまでと変わらない様子でママ友グループとの交流は続いているという。



B美さん一家の知人 「B美さんが亡くなった後、ショックのあまりB美さんの親御さんが倒れ、そのまま寝たきりになってしまったそうです。

救いがあるとすれば、B美さんが心配していた不登校の娘さんです。今、“ママも頑張ったんだから、私も頑張る”と、毎日元気に学校に通っているんです」

B美さんの知人 「首を吊った姿を発見したお子さんは、いまだに夢に見るようです。夜中に『縄をほどいて!』と叫んで起きてしまうそうなんです」・・・

(source: livedoor ニュース - 栃木県のママ友いじめ 自殺した女性の家族が送っている生活

栃木県 ママ友いじめ