9143778番組では、「スカスカおせち」を販売したバードカフェの混乱ぶりをドラマで再現した。試作では計画通りの33品目の豪華おせちが完成したが、販売の直前でマネージャーが、独断で受注を500食に増やしてしまった。これを4日半ですべて調理する計画だったが・・・



しかし、一般的におせち料理の仕出しを行う業者では、500セットのおせち料理に、スタッフ60名がかりで2日半の作業を見込む。一方バードカフェは、男性マネージャーとコック、そしてウエイターの3人で挑むつもりだった。



重箱を500食分並べるには、1500個が1面に並ぶ広さが必要だが、そんな広いスペースは準備していない。厨房のオーブンも連続運転で故障。盛り付けも3人では足りるわけもない。発注数にもミスがあり、足りない食材が相次いだ。

その後、バードカフェにはクレームの電話が鳴り止まず、すべての購入者に全額返金をすることに。その損失額は3,000万円とのことだ。これで、水口氏は社長を辞任、バードカフェは閉店した・・・

(source: livedoor ニュース - 「スカスカおせち」騒動の元社長 誤算続きだった当時を語る

スカスカ改めギュウギュウ? 「おせち騒動」