9145831ジャニーズ事務所確執の中で、SMAPメンバーも決断を迫られる。 「草なぎや稲垣は不祥事の時に助けてもらったという恩義があり、I女史に付いていくという意思が強かった。数多くの番組MCを務める中居は、独立してもやっていけるかどうかをかなり考えたようです」・・・



一方で“残留”を貫いたのが木村だった。

芸能ジャーナリスト 「木村は“ジャニーさんやメリーさんは裏切れない”と終始話していた。また妻の工藤静香とメリー氏は懇意の仲であるため、彼女から説得されたという説もあります」

ところがメリー氏の反応は、中居の予想をはるかに上回る凄まじいものだった。



「メリーさんは、I女史と4人のメンバーは絶対に芸能界で仕事をさせないと激怒。他の大手プロダクションの社長にも、その話はすぐに伝わったようです」

タレントのわがままで移籍することを許せば投資費用を回収できない。そのため芸能界には逆らって独立すれば仕事を干すという不文律がある。



「その点はライバル会社とはいえ利害は共通する。有力プロダクションに拾ってもらえる可能性はゼロだ、と独立を画策したメンバーたちも悟ったようです。

テレビ局もジャニーズタレントに出演拒否されたら困るので、4人を使わないでしょう。その感触が伝わって、中居らの気持ちは一転、揺れたようです」・・

(source: エキサイト - SMAP分裂騒動 メンバー4人は「行くも地獄、帰るも地獄」

関連リンク: SMAP解散キャンセルの可能性! 中居正広は「SMAPやめたくない」と友人に後悔メール

SMAP解散か 中居心境明かす