9146753大騒動は重大局面を迎えた。 分裂危機の渦中にあるSMAPの木村拓哉さんが、ついに動いた・・・





木村がついに動いた。主演する時代劇映画「無限の住人」の撮影で京都市内に滞在中。そのロケ現場からジャニー社長とメリー副社長に電話をかけ「何とか25周年(デビュー記念イベント)をやらせていただけませんか」と直訴した。



「あいつらと一緒にやりたいんです」。率直な言葉に必死な思いがにじんだ。



メンバー4人が「育ての親」の女性マネジャーに追随する中、木村だけは一貫してぶれなかった。ジャニーズ事務所という土台あっての成功と分かっていたからだ。まったく先が見えなかったSMAPの行方に初めて一筋の光が差した・・・

(source: スポニチアネックス - キムタク SMAP存続直訴 電話で「あいつらと一緒にやりたい」

関連リンク: 「I女史とSMAPの4人は絶対に芸能界で仕事をさせない」 メリー副社長が独立話に激怒、メンバー4人は行くも帰るも地獄

新聞の見出しがSMAP愛にあふれた世界に1つだけの紙面に