9154753「もうあかん やめます!」と閉店を予告する垂れ幕を20年以上も掲げ、営業を続けてきた大阪市の名物靴店「靴のオットー」が2月20日、本当に閉店することになった。店主の竹部浅夫さん(74)が体調を崩し、店頭に立ち続けることが難しくなったためだ。



靴小売店から独立した竹部さんが昭和52年に開いた。当時としては珍しいディスカウント方式を採用。靴底の厚みで身長が高く見えるシークレットシューズを扱って人気になった。 しかし、バブルがはじけ客足は激減。



平成5年ごろ「もうあかん。どないしようと、不安でいっぱいになった」とき、ふと「ありのままの思いを、垂れ幕にしてみたら」と思いついた。早速、看板業者に「もうあかん やめます!」と大書した垂れ幕を発注し、店先に掲げた。



(source: 産経新聞 - 「もうあかん」閉店セール20年 大阪の名物靴店、のれん下ろす 体調崩し…

毎日やってる閉店セール