9155811加藤綾子アナをめぐっては昨年7月、一部スポーツ紙が「同9月末に退社」を報じ、亀山千広社長が完全否定。それから半年もたたないうちに退社決定。さぞや壮絶な慰留工作があったのかと思いきや、実は意外な展開を迎えていた・・・



フジテレビ関係者 「ネット上などではいろいろと言われているようですが、今回の退社は、亀山社長と加藤が移籍する事務所の幹部との間で、きっちり話し合いが持たれた上で決まった完全な円満退社。義理立てがしっかりなされた上なので亀山社長も納得して送り出す形になりました」



加藤アナが新たに所属するのは篠原涼子、谷原章介、ユースケ・サンタマリア、上地雄輔らが所属する「ジャパン・ミュージックエンターテインメント」だ。

「加藤は多忙に加え、週刊誌などに追い回されても会社がガードしてくれないサラリーマンアナ生活に疲弊していました。そんな中、フジテレビともつながりの深い事務所を選び、亀山社長にも話をつけたそうです」



篠原は、多くのヒットドラマ作に出演したフジにとっての功労者。亀山社長にとっても付き合いの深い事務所だけに、許可せざるを得なかったようだ。

「ここまでスムーズにいった人間は珍しい。やはり加藤の“大物コロガシ”のうまさというか、処世術、根回しの良さが光った形です」・・・

(source: 東スポWeb - 辞め方も「スーパー綾子」カトパン意外な円満退社の裏

関連リンク: 「加藤綾子アナ退社劇」の舞台裏 亀山社長メンツ丸潰れ、根強く囁かれるイジメ説

加藤綾子カトパン退社フリーに篠原涼子が所属する大手芸能事務所へ