91563381月24日放送の「新報道2001」では、激安弁当を取材した。シャケ弁当、エビフライ弁当などのお弁当はすべて286円。社長によると食材はすべて正規ルートで仕入れ、業者を競わせ、さらにみずからの利益も削ることで、例えばエビフライ弁当であれば・・・



例えばエビフライ弁当は、原価150円のところを286円で販売しているという。

都内で200円弁当を販売している店主に聞く。原価率は6割に設定。米や野菜以外はすべて外国産。一番人気の白身魚フライ弁当は御飯が40円、のり10円、白身魚のフライ20円、コロッケは中国産で13円、スパゲティが20円、野菜炒めが10円、つけもの10円で合計123円。容器代と人件費を加えると10円の利益が出る。



メインは揚げ物がほとんどで、中国ですでに作られて冷凍されたものを大量に仕入れることで原価を下げ、低価格を実現している。外国産であることを除けば、安心して食べられる。また店側としては、同時に飲み物なども購入することが多いため、トータルとしては利益につながるという。

(source: livedoor ニュース - 200円台で買える激安弁当の原価は? 中国から大量に仕入れ低価格を実現

250円弁当の秘密