9160298数多く出演していたCMも、すでに10社すべて放送を自粛するなどベッキーの芸能活動には重大な影響が及んでいる。苦境に立たされ、所属事務所幹部などから「川谷と別れるように」と説得されても、本人は決して首を縦に振らないという。





事情通 「何度も話し合いが持たれてきたんですが、結論は同じ。『彼とは絶対に別れない』。親しいスタッフが『川谷が現在の奥さんと泥沼状態になっていて、誰もハッピーにならない』とアドバイスしても、ベッキーは『最後は一緒になれる』と泣きだしてしまう。さらに関係者が畳みかけると『もう誰にも迷惑を掛けたくない。この仕事を辞めたい』と言いだす。今のベッキーは完全に川谷のとりこですよ」



某キー局編成マン 「事務所としてはドル箱であるベッキーの引退だけは避けたい。だが事務所やスタッフの意に反し、川谷と別れようとしない。だったら自粛=休業という形で、何とかしてベッキーのタレント生命を守ろうと考えたようだ」

ベッキーは「もはや不倫を認めたようなもの」とみている広告代理店関係者は、「それでも知らぬ存ぜぬを決め込みテレビに出演し続けたけれど、スポンサーとしてはとても許せない。テレビ局としても守り切れなくなったようだ」・・・

(source: 東スポWeb - 休業ベッキー 説得を拒否「彼とは絶対に別れない」「最後は一緒になれる」

関連リンク: 川谷絵音の「ゲスノート」の呪いに震撼! 甘利氏辞任、SMAP解散危機も