9162338青柳幸利医学博士は15年以上かけて、65歳以上の5000人を対象に24時間365日の活動を追跡調査した結果を「健康に効く歩き方」としてまとめた。そこで青柳氏はこう言っている。「一日1万歩以上歩いているのに、病気になる人を大勢見てきた」・・・



その理由について、「毎日1万歩以上歩いてさえいればOK、毎日1万歩を歩けば健康になる、という誤った認識から、歩けば歩くほど健康になると思い、毎日万歩計をつけて、一歩でも歩数を伸ばそうと頑張る。これが間違い。運動のしすぎは免疫力を低下させ、病気になりやすくなる」と説明している。

正しいウォーキングフォームで歩こう


激しい運動をしている時、心臓は大量の血液を送り出す。そして大量の血が、流れにくくなった血管を通ろうとして、血管は詰まっていく。

スポーツインストラクター大川香氏 「運動をしているのに動脈硬化になる人はけっこういる。過激な運動をしている人は老化が早い」・・・

(source: エキサイト - 「1日1万歩で健康になる」は大ウソだった!あなたのウォーキングが健康を害す

人間が30万歩あるくまで歩みを止めないぜMAJIDE