9164195石坂浩二さんの「なんでも鑑定団」イジメ降板騒動が波紋を広げている。本紙は、長らく同番組のスポンサーを務める「高須クリニック」院長の高須克弥氏を直撃。すると意外な言葉が返ってきた・・・



高須克弥氏 「(番組に)いらないと思ったらカットされるのは当たり前。僕なんかも番組でフルスロットルでしゃべると、オンエアでは9割はカットされているよ(笑い)。でもプロデューサーに文句を言ったことはないね」

スポンサー目線で言えば、同番組の醍醐味は「良いお宝が出てきて、驚きの評価額が出た時の反応。石坂さんの姿やトークではない」とも断言。

安保報道で高須クリニックが「報ステ」スポンサー降板


「報ステは安倍首相に批判的な内容だったので降りた。鑑定団はバラエティーだから勝手が違う。スタッフは面白くしようとしているのだから任せるべき」

次々と醜聞が噴出している現状に、「非常に残念。石坂さんも高齢だし、出演シーンがカットされたことで何かを察して『長いことありがとうございました』と言えば、格好良かったんだけど…」・・・

(source: スポニチ - 【石坂浩二パワハラ降板】鑑定団スポンサー・高須氏の意外な回答

関連リンク: 石坂浩二騒動は氷山の一角か 「テレ東」業界内での悪評 下請け酷使&ギャラ未払い、局員は高給