91671521999年に長女が、2004年に次女が誕生。都内の2億円の一戸建て暮らし。2人の娘も有名私立校に通い、順風満帆な生活を送っていた。しかし、今から5~6年ほど前、鷲尾いさ子さんを病魔が襲った。近所でも鷲尾の姿は見られなくなった・・・



仲村の知人 「原因不明の、完治が難しいといわれる病気でした。歩行や会話も困難になる可能性もあるといわれ、リハビリ治療を続けなければいけません。
生活のスタイルは大きく変わったそうです。でも仲村さんは主夫の覚悟をもって全身全霊で鷲尾さんと娘さんを支えていました」



仲村は妻に関しては口を閉ざしていたため、不仲説が飛び交ったこともあった。

「仲村さんは“感情や欲望を露わにするのは格好悪いことだ”という思いが強く、大変なことほど言わずにのみ込む。だから奥さんの話には触れることはないし、やりたいからやっているって姿勢を見せてきたんだと思いますよ」

映画「さらば あぶない刑事」初日舞台あいさつ


家族の闘病生活がはじまった頃、仲村は雑誌のインタビューで、「守り抜きたいもの」についてこう答えていた。

《もちろん家族です。俺の代わりの役者はいくらでもいる。そんな感覚は今より若いころのほうが強かったと思いますが、妻や子供は間違いなく、自分でなければダメな人たちで、自分をどうしようもなく必要としてくれていると思う。堅苦しく言えば、そう思うのは責任感からかもしれないけど、守らなければと思うのは確か》

(source: エキサイト - 仲村トオル 難病の妻・鷲尾いさ子を全身全霊で支える日々

花王 メリット - 仲村トオル & 鷲尾いさ子