9167957「開運!なんでも鑑定団」の収録が6日に行われた。石坂浩二さんとプロデューサーの確執による騒動が公になってから初めて。 観覧客によると、石坂は自身の発言がほぼカットされていると指摘されている編集について“自虐”トークを繰り広げ爆笑を誘った・・・



オープニングのトークで、ともに司会を務める今田耕司さんが、「カットとか、騒動になってますけど、どうなんですかね」と問い掛けると石坂は笑みを浮かべ「(真相は)どうですかね。私も知りたいです!」。絶妙な間で交わされた会話に、客席は大爆笑に包まれたという。



渦中のプロデューサーは通常通り別室で作業。関係者は「石坂さんらとは顔を合わせなかったと思うが、確執とは関係なく、普段と変わらない」と話した。

2週分の収録は4時間にも及んだが、観覧客は「ピリピリした雰囲気は一切なかった」と語った。石坂の発言は、2回分を合わせて約1時間に上ったという。

(source: スポニチアネックス - 石坂浩二、騒動後初「鑑定団」収録 “自虐トーク”に客席大爆笑

関連リンク: 石坂浩二、「ダウンタウンなう」のワイプの中で謝罪 「周りがうるさくてすみません」

石坂浩二の番組降板を東国原が斬る! 俺なんてモザイクだぜ!