9168920ベッキーさんのスキャンダルは「休養宣言」以後、ようやく落ち着いてきた感がある。 だが、「いやいや、まったく落ち着いてなんか、ないですよ。本当にマズいのはこれからです」と話すのは、ベッキーが所属するサンミュージックの関係者だ・・・



テレビのレギュラー番組も全て白紙に。消滅した10社のCMと合わせて損害総額が6億円に上る可能性がある今回のベッキーのスキャンダル。それは、彼女が所属するサンミュージックに降りかかる。



女性誌デスク 「のりピーの総額5億円の損害を馬車馬のようになって“返済”したのは、今回の当事者のベッキーでした。しかし、現在は、ベッキーの次に“稼ぐタレント”といえば、売り上げ規模で彼女の数分の1しかないとされるカンニング竹山になる。とても彼がカバーできる金額ではないんです」・・・

(source: 日刊大衆 - ベッキー「損害総額6億円」カンニング竹山が返す!? 老舗芸能プロ・サンミュージックが大ピンチ

関連リンク: ベッキーが「イッテQ」に出演するも、激痩せした姿に視聴者驚き 「見てられない・・」

ベッキーの近況を母親が語る