91699762018年の平昌冬季五輪に向け、開催地である韓国で6日、テスト大会が始まった。大会中止は避けられたものの、参加した世界トップレベルの選手たちからは会場について続々と不満の声があがった。ソチ冬季五輪の銀メダリスト、クリストフ・インネルホファー選手は・・・



クリストフ・インネルホファー選手が雪面が柔らかすぎてスピードが出ないと不満を呈し、「時速130-160キロで滑降するからこそアルペンスキーだ。時速96キロ程度しか出ないようでは観客も満足できないだろう」と述べたことを伝えた。



また、雪ではなく雨が降ったりしたことについても、バンクーバー五輪で金メダルを獲得したリンゼイ・ボン選手からも不満の声があがったと伝えた。



テスト大会に参加したほかの選手たちからも「雪面が柔らかすぎる」、「運営側は改善すべき点が数多く存在する」、「雪面がでこぼこしすぎていて、テスト大会を実施できたことは奇跡」いった数々の批判や不満の声があがったという。

(source: サーチナ - 平昌五輪テスト大会で選手たちが不満、問題続く平昌、日本との共催は?

関連リンク: 韓国平昌冬季五輪、ついにIOC委員がキレ始める 中国紙が「日韓共催」のお節介

평창, 2년 앞으로...이번 주말 첫 모의고사