9172181かつて清原容疑者と共に巨人で一緒にプレーしていたこともある野村貴仁氏が、この度久しぶりにテレビカメラの前に姿を見せ、現役時代に清原容疑者に覚せい剤を渡したなどと証言しているが、驚くべきはその風貌だ・・・



スポーツ紙記者 「実は野村氏は清原容疑者のことで取材に応じるにあたり、各新聞やテレビ番組出演1回につき20万円もの高額ギャラを自ら提示しているんです。メジャーまで経験したプロ野球選手が覚せい剤で逮捕されるという転落人生の末、今は清原容疑者をネタに一儲けしようとしているのかと思うと悲しくなります」



2014年3月に『週刊文春』が薬物疑惑を報じた際にも、今回の野村氏と同じように高額ギャラと引き換えにネタを売った人物がいたという。

「その人物は今回の騒動以降も各週刊誌に取材を持ちかけて小遣い稼ぎに余念がない。清原容疑者が不幸なのは、周辺にこういった怪しげでゲスな人物が多いことで、彼らが自ら進んで情報を売っていることなんです」



別の週刊誌記者は、こんな“ネタの売り込み”は「決して珍しい話ではない」と話す。

「例えば歌手のK(華●朋美)の例がある。話題に事欠かない人物ですが、それを逆手にとって一時期は有料でインタビューに応じていた」・・・



(source: エキサイト - 清原容疑者の元同僚・野村氏、取材謝礼”1回20万円”を要求の舞台裏

関連リンク: 清原容疑者の取材に応じた野村貴仁氏の姿がヤバかったと話題に リポーターを土足でゴミ屋敷に上げる