9176144神奈川県川崎市の老人ホームで入居者3人が相次いで転落死した事件で、87歳の男性を殺害したとして逮捕された23歳の元職員の男が3人すべての殺害に関与したことを認めていることが明らかに。



容疑者は2014年11月、当時の職場だった川崎市の老人ホームで入居者の丑沢民雄さんを4階のベランダから投げ落としたとして逮捕され、16日に送検された。



容疑者は丑沢さんについて「ベランダから投げ落とした」「殺そうと思った」と供述しているということだが、その後に相次いで死亡した当時86歳と96歳の女性についても殺害への関与を認めていることがわかった。

容疑者は逮捕前、取材に対し殺害への関与を否定していた。

関連リンク: 老人ホーム転落死 3人殺害の関与認める

元職員が他の2人殺害も認める 老人ホーム転落死