9178121野村貴仁氏氏が現役時代に手を出していたことで知られるのが覚醒剤の一種のアンフェタミン系興奮剤「グリーニー」だ。野村氏はこれまで、オリックス在籍時に同僚の外国人選手に勧められグリーニーに手を出したと告白しているが・・・



球界関係者 「かつては野村、清原をはじめ多くの選手が手を出していた。巨人時代の清原周辺だけでも、仲の良かった先輩外野手X、現在も指導者として活躍する投手Y、イケメン投手Zらがいた。とくにYの使用は有名で、コーヒーに混ぜて飲んでいたことも。周囲からは何度もやめるよう注意されていた」

野村貴仁 現役時代の素晴らしき投球術


「野球のために薬を使っていた人間は、現役を退けば手を出さないが、興奮を肉体関係でも得ようとして手を出してしまうと、清原のようになってしまう。
ちなみに、球界には、自分では手を出さず、女にだけにシャブを使わせて盛り上げる鬼畜もいた。有名なのはどちらも名球会入りしている投手Pと打者Q」・・





(source: TOCANA - 清原以外で、現役時代「グリーニー(興奮剤)」に手を出した5名とは? コーヒーに混入、セックス時に使用する鬼畜も…!

関連リンク: 清原容疑者、勾留中の禁断症状で自殺の危険 24時間監視下に

“密売男”3台の携帯使い分け・・・清原容疑者に覚醒剤