9179908音楽業界には、下積み時代を支えた糟糠の妻を捨てて不倫、再婚するケースが少なくない。その代表格が、桜井和寿と吉野美佳の例だ。この行為は、桜井にちなんで「桜井メソッド」とも呼ばれ、今回の川谷絵音以外にも枚挙にいとまがない・・・



ミスチル2枚目のシングル「抱きしめたい」は、桜井がそんな苦労続きの妻のためにつくった曲といわれている。レコード会社関係者が語る。

「しかし、ミリオンセラーを連発して超人気バンドへの階段を上っていたさなかの97年2月、桜井と吉野の不倫が発覚したのです。当時、桜井はすでに前妻と別居中で、吉野と東京・渋谷の高級マンションで同棲していました」

吉野美佳


桜井のケースをほぼ踏襲したのが、ロックバンド「GLAY」のボーカル・TERUとPUFFY・大貫亜美のケースだ。
当時は生活が厳しかったため、元妻は親戚のつてを頼ってTERUに仕事を紹介するなど、下積み時代を支えていたという。

ダイハツ MOVE LATTE 大貫亜美


共通しているのが、女性側が男性のファンだったことだ。「例えば、『ケツメイシ』のRyojiは、06年にモデルの石川亜沙美と結婚しましたが、石川はケツメイシの大ファンとして知られ、Ryojiにファンレターを何回も送っていました。

花王 BIORE 石川亜沙美


15年6月にロックバンド「THE YELLOW MONKEY」のボーカル・吉井和哉とデキ婚した眞鍋かをりも、中学時代からイエモンの大ファンだったという。

(source: Business Journal - なぜミュージシャンは売れると妻をポイ捨て&不倫?ゲス極、ミスチル、GLAY…

意外に知らない芸能人夫婦まとめ