9181778大阪国際女子マラソンで優勝しリオデジャネイロ五輪代表を決定的とした福士加代子さんが、五輪代表最終選考会となる名古屋ウィメンズへ参加を表明している問題について、日本陸連の麻場一徳強化委員長は出場を控えるよう福士サイドに説得する意向であることを明かした。



騒動への言及を避けてきた日本陸連が福士問題について初めて見解を示した。日本選手権20キロ競歩のレース後、麻場強化委員長が「名古屋に出ることは避けてもらいたい。そのために我々ができることがあればやりたいと思っている」と、出場を取りやめるように働きかける意向を明かした。



1月31日の大阪国際女子マラソンに好タイムで優勝しながら五輪代表を確実と明言しない日本陸連の態度に福士サイドは不安を覚え、3月の名古屋への出場を示唆。日本陸連がその強硬姿勢に折れた形だ。

リオの枠は3で、昨夏世界選手権7位の伊藤舞が既に内定している。残り2枠をめぐっての場外戦。日本陸連が介入することによって、福士が名古屋出場を取りやめるにせよ、走るにせよ、代表選考はさらなる混乱を招く可能性もある。

(source: スポニチ - 福士、事実上の“リオ内定” 陸連折れた「名古屋出ないで」

関連リンク: 福士加代子に五輪内定を出せない日本陸連の事情とは?

福士加代子「大阪マラソン優勝」にも関わらず「名古屋マラソンに出場」の真相とは?