9182641石坂浩二さんと似たような形で人気番組を追われた民放の女性司会者・Kがいる。番組関係者が声を潜める。「番組が好調なときは、Kさんが美しく映るように、ライティングでシワを飛ばして色白に見せたり、痩せて見えるようなカメラワークを駆使していました。しかし・・・



「ところが、やがて彼女のギャラが予算を圧迫しているという意見が出始めると、そうした“細工”をやめた。そうすると当時40代後半だった彼女は普通のおばちゃんのように見えてしまう。“老けた”“衰えた”といった視聴者の評判が立つようになったことを気にしてか、彼女は収録を休みがちになってしまったんです」

ネットで噂される女性司会者K


それに追い討ちをかけるように、番組スタッフが週刊誌などに“収録をドタキャンしてばかりで現場は迷惑している”といった情報を流していたそうですから手が込んでいた。テレビの世界は本当に怖いと思いました」

この女性司会者は降板し、それ以降はテレビに映ることはなくなった・・

(source: NEWSポストセブン - 女性司会者Kも被害 手が込んだテレビ界のいじめの実態

関連リンク: 今田耕司、石坂浩二「鑑定団」降板報道の真相を激白 報道は「100%ウソ」