9183762「ゲーム機バキバキ事件」の内容がネット上で“大炎上”するなか、渦中の高嶋ちさ子さんが週刊文春の取材に応じた。“毒舌キャラ”で知られる高嶋さんだけに炎上しても意気軒昂なのかと思いきや、話を聞いてみると意外にもションボリしていた・・・



高嶋ちさ子さん 「この度はお騒がせしてしまって、色々な方にご迷惑をおかけしました。指摘される通り、ゲーム機を壊した写真を載せたのはゲームファンや任天堂さんにとても失礼な事だったと今は感じています」



「あれはカッとなって壊したのではなく、あくまで子供達との“約束”だったんです。我が家では子供達は自分のスケジュールを自分で決めます。そしてそれを守らなかった時のルール(ペナルティ)も子供が自分で決める。DSに関しても長男が自分で『今度ルールを破ったら折っていいよ!』と言ったんです」



「実は、事前にいろいろと調べておいたんです。ソフトは一切傷つけないように注意しました。壊した端末は任天堂さんに持って行くと、3~4日で以前と全く同じように修理してくれます。壊したものも、2カ月後のクリスマスに、“サンタさんから”と言って二人のところに戻しました」・・・

(source: 週刊文春WEB - “大炎上中”高嶋ちさ子が初めて明かす「ゲーム機バキバキ事件」の真相

関連リンク: 「彼女の音楽を聴いてからにしなさい」 葉加瀬太郎が高嶋ちさ子を擁護し炎上 「人格破綻者が音楽家に多いという証左」