9185754大阪の繁華街で起きた暴走事故で、26日の新聞各紙は「『大動脈解離の症状がみられる』との情報が救急隊から寄せられた」(朝日新聞)、「『胸が少し苦しくて気になる』と主治医に相談していた。血圧がやや高い時期があった」(毎日新聞)などと伝えている。



心臓外科医・南渕明宏教授 「一番考えられるのが急性大動脈解離ですね。大動脈というのは心臓から体中に血液を送っている重要な部です。血圧が高い人はもろに影響を受けて、突然ここが破裂してしまうということがあり得ます」

大橋さんは高校の体育教師で、体力には自信があり、この1月には10キロマラソンも完走していた。ただ、友人たちと「ラーメン部」なる集まりを作り、知人から「食べ過ぎじゃないの」と言われるほど頻繁に食べていたという。

意識なく運転・・・男性の死因は心疾患 梅田暴走


南渕教授 「お体に自信があったと思うんです。そうした人は得てして大病を見過ごしていたり、医者のサインがあっても、言葉は悪いですが、聞く耳持たないことは結構あります。また、ラーメンですが、塩分はもろに血圧に影響します」

(source: livedoor ニュース - 梅田の車暴走 ラーメンの食べ過ぎによる血圧上昇で大動脈解離に?

関連リンク: 梅田車両暴走事故、生前を知る人々が絶句 人望もあり「なぜこんな事故に・・」

意識なく暴走か 防犯カメラに“急発進” 梅田事故