9189380-12月29日、フィリピン・南スリガオ州の漁師2人が、沖合約64kmの海域をさまよう不思議なヨットを発見した。全長12mの白い船体はひどく傷み、マストも完全にボロボロだったが、異変を感じ取った漁師たちはすぐに近づきキャビンを覗き込んだ。すると、なんと・・・



すると、なんとそこに座したままミイラ化した男の遺体があった。

過去20年間、マンフレッドさんは「SAYO号」と名づけたこのヨットに乗り込み、世界の海を股にかけて冒険してきたという。しかし約1年前にパタリと更新が止まり、その後は誰もマンフレッドさんと連絡を取れない状態が続いていた。



マンフレッドさんは、机に突っ伏すような姿勢で息絶えていた。手元には無線機が転がっており、最期の瞬間まで外部との交信を試みていたことがわかる。

        マンフレッドさん
9189380


警察や法医学者は、ヨット内にほかの人間がいた痕跡がなく武器も見つかっていないことから、事件に巻き込まれた可能性は低いと考えているようだ。

(source: インフォシーク - ドイツ人冒険家がミイラ化遺体で発見される! 幽霊ヨットに残された謎のメッセージ

ミイラ化したマンフレッドさんの画像: haunted the mummified mariner

Decomposing body of German found inside yacht