9189967マンガ情報を伝えるブログ「マンガラボ」が、「歴代少年マンガで最も面白い漫画は何か?」というブログ記事を掲載。その算出方法にマンガファンたちは唸り、マンガ談議が弾んでいる。



「マンガラボ」は、少年漫画部門だけとはいえ、“面白さ”をわかりやすい基準で表し、比べてみせた。まず、「発行部数」の累計ランキング(「A」)を提示し、それを「巻数」で割って1巻あたりの発行部数を算出(「B」)。さらに、

「連載の期間辺りに売り上げた1巻辺りの部数は、長く親しまれているもしくはコンテンツとして優秀・・」という理由から、「B」を連載期間で割って、数値を算出(「C」)。「A」と「B」と「C」のランキングを総合したところ・・

コミック・漫画ランキング TOP(2015.10.17)


上記3つの「面白さ度」を合計して面白さランキングをつけると、どうなるか。

1位:ブラック・ジャック 25巻 1億7,600万部
2位:北斗の拳 15巻【完結】 1億部
3位:ドラゴンボール 42巻 2億3,000万部
4位:タッチ 20巻【完結】 1億部
5位:SLAM DUNK 31巻【完結】 1億1,900万部

ツイッターには、「確かに納得のランキング!」「このデータ面白い笑。大体読んでる漫画だなー」「これは興味深いですね。 やはりブラックジャックは名作!」「面白い導き方ですね」 などと、ランキングを評価する声が寄せられた。

(source: R25 - 分析!歴代で最も面白いマンガは?

少女漫画が原作の人気アニメランキング Top30