9194530そもそも異国暮らしをする移民が多い韓国人の中には、民泊ビジネスが注目を集める以前から海外で自国民用の民泊を運営する人々も少なくなかった。そんな、いわゆる「韓人民泊」では、このところトラブルが頻発しているという。



たとえば、イタリア旅行に行った女子大生Aさんが、現地で韓人民泊を利用しようとしたところ、民泊の主人にセクハラをされたという。民泊の主人は宿泊客と共に酒を飲み、酔っ払ったAさんの体をまさぐり始めたという。
 
この民泊の主人は、Aさんが憤慨して「警察に通報する」と言ったところ、「ほかの善良な韓人民泊運営者が風評被害を受けるから取りやめてくれ」と懇願してきたという。冗談としか思えないやりとりである。

フランス人が感動!農家民泊で日本の田舎を体験


「民泊」宿泊施設の不足解消へ 大田区で申請開始


ほかにも韓人民泊を利用した宿泊客からは、宿泊キャンセル時に料金が返却されない、料金だけ取られ逃げられてしまうなどの被害も報告されている。

写真と実際の部屋が全く異なっていたり、掲載住所ではない地域に部屋があるといったトラブルは日常茶飯事だという。韓人民泊は各国で許可を得ていない場合が大半なので、警察に相談してもほとんど意味がないと指摘されている。

(source: livedoor ニュース - 韓国人経営の民泊でトラブルが頻発…セクハラ事件も

外国人観光客ホテル不足解消!?注目の民泊 日本でも広がるか