91980828年余りにわたった佐々木則夫政権。この間、世界3大会連続ファイナリストという金字塔を打ち立てるなど、輝かしい実績を残したが、リオ五輪出場を逃したことで、指揮官とイレブンの関係や選手同士の不協和音など、なでしこジャパンにはマイナス報道が相次いでいる。



この現状に佐々木監督は語気を強めて「僕の批判はいいんですけど。選手がこう言っている、ああ言っているという、ゴシップばかりが書かれている。選手のことを思うと、強く感じるところがあった」と異例の“抗議”に出た。

なでしこジャパン 日本vs北朝鮮


しかし、指揮官の思いもむなしく、近日中には追い打ちをかけるように主力選手XとZの醜聞が暴露されるという。ある出版関係者は、
「詳しい内容は言えないのですが、男関係です。主力選手Xに関しては、派手な遊びっぷりを含めてキャッチしているそうで、証拠写真もつかんでいるとのこと。サッカーそっちのけの日常が浮き彫りになってしまいますね」と明かす。

同関係者によれば、実は以前からXとZの動向をつかんでいたが、最も反響のあるタイミングを計っていたという。



(source: 東スポWeb - 失意のなでしこに「スキャンダル連発」の追い打ちか

関連リンク: 「監督の指示のせいで勝てなかった」 なでしこ柱欠き不協和音、世代交代進まず

なでしこジャパン 高倉麻子 初の女性監督 誕生なるか