9198991「週刊文春」の編集長を務める新谷学氏に、「文春砲」を連発する組織の裏側と、彼らが身上とするメディア論、ジャーナリズム論の強みを聞いた。 実は、ベッキー報道の過熱ぶりについては「ここまでの騒ぎになるとは想像しなかった」と戸惑ったという・・・



新谷氏 「私たちは、偉そうに取材対象者を断罪したり、イデオロギーを振りかざしたりするつもりはありません。あくまで、ファクトを提示するだけです」

週刊文春編集長 新谷学氏について芸能レポーターが語る


「ベッキーさんの記事も、彼女に休養やコマーシャル降板を求めたものではまったくない。そこに怒りや憎しみはありません。記事の根底にあるのは、人間への興味です。好感度タレントの意外な素顔を伝える記事でした」

「しかし、その後の彼女に対するバッシングは想像を絶するもので、こうした時代であることは、今後記事をつくる際に心に留めて置く必要があると思います」・・

詳細は(source: ダイヤモンド・オンライン - 『週刊文春』編集長が明かした、列島を揺るがす「文春砲」の神髄

関連リンク: ゲス川谷、天敵「文春」で開き直り発言の謎 ベッキー側の本音とは・・・