9199001TBSを電撃退社した小林悠アナウンサーをめぐり、新たな情報が浮上した。花形局アナの地位を捨てて、週刊誌で“密会”が報じられたイケメン青年実業家A氏(39)を選んだとも報じられたが、まったく逆の話が聞かれる・・・



本紙(東スポ紙)の調べでは、A氏の会社で、A氏と同じ名字の女性が監査役を務めていた(2014年10月に辞任)ことが判明。関係者の間では、この女性が妻か元妻ではないかとささやかれているという。

[小林悠編] 女子アナウラの罰


芸能関係者によれば「A氏は報道後、周囲に『(小林とは)付き合っていない』と交際を否定したといわれている。それで小林アナも本気じゃなかったのを知ったそうで、相当ショックを受けたみたい」という。

小林悠アナTBS退社・降板コメントと玉袋筋太郎が 「バカヤロー!」


A氏は昨年11月30日付で退社。同社の発行済み株式の100%は同日付でファンド会社に譲渡、退社と同時に50億円ともいわれる巨万の富を得たという。記者はA氏の自宅を訪ねてインターホンを鳴らしたが、反応はなかった。

(source: 東スポWeb - 元TBS小林悠アナ「電撃退社」のウラ

関連リンク: 小林悠アナ、親しい同僚にも別れも告げず退社 深刻な問題が発生か