9200794ベッキーを長年に亘って見守ってきたマネージャーは、そんな先行き不透明な将来に失望し、「これまでのものがゼロどころかマイナスになって、CMなんてもっと辛いんです。デビュー前から担当して16年。残念で残念で」と、むせび泣く日々だという・・・



むろんこの涙はサンミュージックプロダクションの苦境の裏返しでもある。

ベッキーは年平均8億円ほどの売り上げを誇り、それは事務所の総収入の4割に相当する。それがすっぽり剥がれ落ちたうえに、CMクライアントに対する違約金も積みあがっており、それは8億円レベルだというのだ。





芸能関係者 「契約金の全額返却はもちろん、再撮影費用も支払わなければならない。7年前、同じ事務所の酒井法子が覚醒剤で逮捕されたときは、すでにベッキーが稼ぎ頭だったから難局を乗り越えられた。けれど今回は、彼女に代わるタレントがいない。だから、事務所存亡の危機なのです」・・・





詳細は(source: アメーバニュース - “8億円レベル”の違約金が課せられた「ベッキー」 事務所存亡の危機