9204400“ショーンK”ことショーン・マクアードル川上氏がメーンキャスターを降板した、4月4日スタートの大型報道情報番組「ユアタイム」の後任に、国際ジャーナリストやラジオDJなどマルチに活躍するモーリー・ロバートソン氏が内定したことが17日、分かった。



公式ページによると、モーリー氏はニューヨーク生まれ。日米の教育を受け、18歳だった1981年に東京大学、ハーバード大学、エール大学など複数の超名門大学に同時合格したスーパーエリート。

モーリー・ロバートソン氏  モーリー・ロバートソンch ダイジェスト(東進CM風)


「日本語で東大を受験したアメリカ人としてはおそらく初めての合格者」(HPより)という東大は1学期で退学し、ハーバード大学に入学した。

小倉智昭、ショーンKの「とくダネ」降板について謝罪!




モーリーは経歴詐称騒動でショーンKが降板したBSスカパー!「Newsザップ!」の2014年10月からのレギュラー。NHK「所さん!大変ですよ」などにも出演。

作家としては自叙伝2冊を出版し、ダンスミュージック専門のインターネットラジオ「Block.FM」でも番組を持っているというマルチぶり。フジテレビは後任について、「まだ決まっていません」としている。



(source: デイリースポーツ - ショーンK後任はハーバード卒米国人

関連リンク: 「ショーン川上」騒動で揺れるフジテレビ、新番組「ユアタイム」の後任候補にもヤバい過去

野々村ダブステップを生DJするモーリー・ロバートソン