9206998韓国人学校の増設に向け、東京都が新宿区にある都有地を韓国政府に貸し出す方針を打ち出したことが、議論を呼んでいる。舛添要一知事は「ソウル市は姉妹都市であり、協力し合うのは非常にいいこと」と自賛するが、都庁には反対意見が殺到・・・



発端は16日、韓国人学校の増設用地として、平成21年3月に閉校した都立市ケ谷商業高校の跡地(新宿区矢来町)約6千平方メートルを有償で貸し出す方向で、韓国側と具体的な協議に入ると都が発表したことだ。

舛添知事 「海外訪問 費用を縮減 内訳も公開」


政府が待機児童対策などに注力する中での突然の表明に、ある自民党都議は「知事選で子育てや福祉の充実を訴えながら、なぜ福祉施設の整備に使わないのか。竹島の問題もあり、とても容認できない」と不快感をあらわに。

また、都庁には発表からわずか1日余りで、約300件の意見が寄せられ、大半が「なぜ韓国人学校なのか」「外交より都民を優先すべきだ」と批判的だった。

朝鮮学校生徒


都によると、韓国人学校の敷地探しは、舛添知事のトップダウンで進められた。舛添知事が26年7月にソウル市を訪問した際、朴槿恵大統領から「首都圏には韓国学校が1つしかない」と要請を受け、快諾したことがきっかけという。

詳細は(source: 産経ニュース - 韓国人学校へ都有地を貸し出し 舛添要一都知事の方針に猛批判

ボウズ/舛添都知事凸街宣(韓人校より保育園!)