9207955覚醒剤事件で日本を追われ、昨年また故郷で覚醒剤に手を出し有罪判決を受けた韓流歌手・桂銀淑(ケイ・ウンスク=54)の落ちぶれようが分かった。その風貌はまるで「おばあさん」。怪しげな商売をする腐れ縁の男にすがり、「お金がない」と漏らしていたという・・・



桂は2007年、日本での覚醒剤事件で有罪判決を受け、国外追放された。母国で再起を図ったが、また覚醒剤に手を出すなどの事件を起こし、昨年6月に逮捕。同11月に懲役1年6月、罰金80万ウォンの実刑判決となり控訴した。

大阪暮色 桂銀淑


桂といえば1985年に「大阪暮色」で日本デビューし、一世を風靡した。「昔はすごくキレイだったけど、たぶん同世代歌手と比べたら10歳ぐらい上に見えるんじゃないかな。もうおばあさんでした」。昨年末、ソウルで何度か会ったときの桂の印象を語るのはさる関係者だ。

桂銀淑さんが麻薬取締法と詐欺容疑で実刑判決のニュース映像


桂はいつも、中年の韓国人男性と一緒だったという。 「裏の世界では有名な店みたいで、中国だかタイだかの密造業者とパイプがあるそうです。彼が商売を頑張って、桂さんを食べさせているんじゃないかな」・・・

(source: 東スポWeb - 覚醒剤逮捕された桂銀淑…まるで老婆