9211508「よもやの4位発進、まさかのガラガラぶりです」
エンタメ誌編集者がそう切り出しのは、3月19日に全国で劇場公開された、広瀬すずの主演映画「ちはやふる-上の句-」についてだ。原作は大人気とあって、東宝もこれ以上ない大々的な宣伝を展開していたが・・・



「広瀬もテレビに出まくりで、『映画ドラえもん』に待ったをかけられるのではという大きな期待もかけられていました。ところが、フタを開けたら3週目に入ったドラえもんの約4割、有村架純出演『僕だけがいない街』にも敗北しての第4位。

このままでは興行収入10億円いくかどうか‥‥。前後編で合計40億円を目標にしていたと聞きますから、関係者も落胆しているでしょうね」

「ちはやふる -上の句・下の句-」予告


その後も集客は伸び悩んでいるようで、平日は空席率が90%以上。

広瀬すず 映画「ちはやふる」公開直前スペシャル


映画関係者 「公開前から前後編を売りにする“金目興行”に観客がウンザリしているんです。それと、ここにきて囁かれるのは女性からの不人気ぶり。失言でイメージダウンしたことが、足を引っ張っている可能性が高いですね」・・

(source: インフォシーク - まさかの爆死!広瀬すず「ちはやふる」、ガラガラ閑古鳥で女優ロードに赤信号

関連リンク: 【動画】 広瀬すずの顔面に突然異変が!? 番組進行が中断するハプニング

「ちはやふる -下の句-」予告