9211539とんでもない事件は、24日の浦和競馬で歓喜の輪が広がった直後に起こった。3Rのアスキーコードに騎乗した藤田菜七子が先頭でゴールを駆け抜け、JRAの女性騎手としては実に11年9カ月ぶりの勝利をマーク。しかし、その後・・・



その後、川崎競馬の厩務員のみに配布されるポロシャツを着用した推定50歳過ぎの男性が、関係者を装って近づいてきたという。

藤田菜七子 初勝利 アスキーコード 浦和 3R


「ゼッケンにサインをお願いできますか?」。師匠の根本師は不思議に感じたと振り返るが、「今回は初勝利。記念品として浦和競馬に保管したいのです」と言われ、菜七子がサインをした。

初勝利のほとぼりが冷めたころ、根本師は浦和競馬の関係者に確認し、男性は完全な部外者と判明。その時点では後の祭りで、既に逃亡していたという。

(source: デイリースポーツ - 藤田菜七子初Vゼッケン盗まれた

藤田菜七子騎手が初勝利 地方の浦和競馬、2勝目も