9212072ジャイアント白田さんは22歳でテレビ東京の大食い番組にデビュー。当時は「朝の8時半からギョーザを2キロ、2回戦が午後12時ごろでゆで卵を80個以上、信じられないくらい気分が悪くなった」と明かし、それでも深夜にカツ丼を10杯以上食べることもあった。しかし・・・



一番多く食べたものはカレー10キロだそうで、白田は「立ち上がると重心がおかしくなった」と振り返った。過酷な大食い番組。白田は「胃が広がるとほかの臓器が後ろに行く。腸とかが後ろに来て後ろがボコって出るんです」と告白した。

ジャイアント白田 寿司の早食いでも小林尊を凌駕する


全盛期の年収について問われると、「デビューした年に大食いブームになって。バラエティー番組もいろいろ。当時でざくっと2、3000万円」と明かした。現在は大阪で串カツ店を経営しているという。

(source: デイリースポーツ - ジャイアント白田 大食いで臓器後ろに

ジャイアント白田の串カツ屋 「しろた屋」