9212394佐々木健介といえば"鬼嫁"北斗晶の夫として、世間では「優しい旦那」というイメージが強い。しかしその健介を恨んでいるレスラーは数多い。恨まれている理由は練習生に対する常軌を逸した"かわいがり"であると言われている・・・



健介は新日本プロレスの道場でコーチをしていた。その時に練習生だった中西学、永田裕志、小島聡、天山広吉、安田忠夫は健介のシゴキを受けたと告白し、安田忠夫は「佐々木さんのことを好きな人間は誰もいないです」と述べた。
また、真壁刀義も「新弟子時代に理不尽なシゴキを受けていた」と健介の名こそ出さないものの、暗に健介を批判をしている。

佐々木健介が過去に犯した罪


健介は新日本プロレスのコーチ時代、新弟子が練習中の事故で死亡したことがある。だが、当時参戦していたクリス・ベノワは著書で「あれは殺人事件。危険なスープレックスを繰り返し、危険な角度で落としていたらしい」と言及。
伝聞だと前置きされており、名前も伏せられているが、解釈によっては健介が「犯人」とも捉えられる書き方がされている。

詳細は(source: エキサイト - 弟子の死亡事故も 佐々木健介の常軌を逸したシゴキ

佐々木健介 ドッキリ企画でマジ切れ