9212404高橋みなみさんが参加した最後のシングルとなる「君はメロディー」がランキング1位を獲得。高橋の花道を飾る快挙達成となったが、卒業をめぐる舞台裏では、高橋が周囲に悔しさをあらわにし、大粒の涙を流した“号泣事件”があったという・・・



AKB関係者 「卒業コンサートの会場は横浜スタジアムに決まったのですが、舞台を知らされた高橋は納得がいかず、涙を流したんです。実は高橋は卒業コンサートを『東京ドームでしたい』という強い思いを持っていた。

AKB48はグループ最大の目標に『東京ドームでコンサート』を掲げてきた。高橋は目標だった憧れの舞台で卒業したい気持ちももちろんあったが、涙を流すほど悔しさをにじませたのは前田敦子への熱い思いが関係している」


「高橋は2006年に発売されたAKBのインディーズ1stシングル『桜の花びらたち』でセンターを務め、AKBは高橋センターで始まった。
しかし、輝きを放つ前田がセンターを奪っていった。高橋は『前田敦子にはなれない』と気づき、アイドルとしてセンターに立つことを諦めた」



「その前田が卒業コンサートを行ったのが東京ドーム。高橋は『敦子と同じ東京ドームで卒業コンサートをしたい』という思いを胸の内に秘めていた。その願いがかなわなかったことがショックだったのでしょうね」・・・

詳細は(source: 東スポWeb - あっちゃんへの“ライバル心”から…高橋みなみ卒業直前の知られざる号泣事件