9213280埼玉県朝霞市で女子生徒(15)が行方不明になり、東京都で保護された事件で、逮捕状を取った男が28日未明、静岡県伊東市で身柄を確保された。男は首に切り傷を負い、病院で治療を受けている。「自殺しようとカッターで切った」と話しているという。





捜査関係者らによると、寺内容疑者は千葉大工学部に在籍し、千葉市稲毛区に住んでいた。今年2月に中野区のマンションに引っ越し、今月、千葉大を卒業。就職先も決まっていた。県警は、寺内容疑者と女子生徒が2年近くの間、千葉市で一緒にいた可能性があるとみている。



捜査関係者によると、28日午前3時過ぎ、伊東市内で「血だらけの男が歩いている」と静岡県警に通報があった。駆け付けた警察官が男を見つけ、所持していた免許証や本人の話などから寺内容疑者と確認した。

実家は防犯関連会社か


また、捜査関係者によると、27日に保護された女子生徒は「男と一緒にいた」と話しており、約2年間にわたり監禁された状態だったとみられる。



(source: 毎日新聞 - <15歳少女保護>血だらけ容疑者「…カッターで首を」

関連リンク: 埼玉少女保護で23歳男を指名手配 大阪の実家にも捜査員、フェイスブックには航空機との写真も

頭から血流し歩き・・・男の身柄確保 女子中学生誘拐か


23歳男の身柄確保 2年間不明の女子中学生を保護