9215137埼玉県朝霞市で女子中学生が保護された事件で、女子中学生が「『お前は捨てられた』と男から言われ続け、誰も自分を捜していないかもしれないと思うようになった」と話していることが明らかに。男が逃げないよう精神的に追い込んでいた疑いがあるとみて調べています。



最初に連れてこられた千葉市のマンションでは部屋の外側から鍵をかけられ、外出する際は寺内容疑者に監視されていたということです。

「女子高生アニメに熱中」記事にアニメファンが反発


寺内樺風の同級生ツイートが流行→マスゴミが大量に釣られておもちゃに


こうした状況のもと、女子中学生は容疑者から「お前は捨てられた。誰も捜していない」と言われ続けたということで、「最初はそんなことはないと思っていたが、誰かが捜しに来るような様子はなく、誰も捜していないかもしれないと思うようになった」と話していることが分かりました。

容疑者の卒業文集が晒される


少女監禁しながら平然と大学通い


女子中学生は引っ越した東京・中野区のマンションで、保護される2日ほど前、寺内容疑者が離れた隙にパソコンのインターネットで家族が自分を捜し続けていることを知り、逃げ出すことを決意したということです。

ペットをかわいがる感覚に近い?


「監禁部屋」の全貌


(source: NHKオンライン - 「誰も捜していない」女子中学生を精神的に追い込んだか

関連リンク: 【動画】 女子中学生監禁事件 「女の子がよく出るようになって。にこにこしていて。おびえていた様子は全然なかった」

保護の女子生徒「両親に会いたい気持ち高まった」


「チャットで知り合った男といる」不明9日後に手紙