9244978清水ミチコさんが、5月1日に放送されたNHK大河ドラマ「真田丸」に豊臣秀吉の妹・旭姫として出演。約2分半の登場ながら、強烈なインパクトを残した。



清水が演じた旭姫は、秀吉によって無理やり夫と離縁させられ、44歳の時に徳川家康に正室として迎えられた人物。セリフはないに等しかったが、怒りを秘めた仏頂面、その表情で視聴者の心をつかんだ。








ツイッターでは「清水ミチコの顔芸が見事」「ほとんどしゃべらず、顔だけで視聴者を笑わせるなんて、スゴい」と絶賛の声が相次いだ。

清水は2日に更新したブログで、オファーを受けた経緯を説明。三谷幸喜氏が「真田丸」出演を依頼したところ、清水の返答は「セリフがないヒトだったらいいよ」。要望通り本当にセリフのない役として出来上がったという。




(source: スポニチアネックス - 清水ミチコ2分半で強烈印象「真田丸」でほぼセリフなし仏頂面貫く

関連リンク: 「真田丸」 黒木華の早すぎた死の真相 仲が悪すぎる長澤まさみの圧力が原因か

仏頂面が話題の最高の演技 清水ミチコ2分半で見せた強烈印象