9458276世界のファンから絶大な人気を集める高梨だが、いざ日本に戻ってくると、意外な問題行状が噴出していた。スポーツ紙記者が明かす。「彼女の口癖の一つが『肖像権の問題があるので』なんです。例えば、ファンが写真撮影をお願いしても、まず拒否しますね」・・



高梨沙羅 レジェンド葛西を憤慨させた「写真撮影拒否」事件


「それに今季から急に目元がパッチリとしてかわいくなったじゃないですか。ネット上ではプチ整形疑惑まで持ち上がっているので、過去の写真と対比されたくないんじゃないかと邪推もされています」

長野県白馬では、こんな出来事もあったという。民放局スタッフが明かす。

「ファンがレジェンド・葛西紀明に写真を撮ってもかまわないかと聞いたんです。葛西はもちろん『いいですよ』と快く応じた。そこに沙羅ちゃんが通りかかり、ファンが『(葛西との)ツーショット、いいですか』と声をかけました。

ところが彼女は『肖像権の問題があるので』とそっけない対応で、その場を立ち去った。常に「神対応」で知られる葛西がムッとしていたぐらいです」


高梨選手 顔の変化が話題に



高梨選手と葛西選手



「マネージメントを仕切っている大手広告代理店の指示ですよ。マスコミの囲み取材はお金にならないので、数分間だけ。12月17日からの、北海道・名寄での2連戦前の公式練習でも、与えられた時間はわずか5分でした。

スポーツ紙のカメラマンが当日の掲載紙面を持たせようとすれば、『それ、報道じゃなく、営業目的でしょ!』と、すごい剣幕で制止しますからね。

反面、ギャラが発生するテレビ局のインタビュー取材などは受ける。両親への合同取材にしても、父親がオーナーを務める焼き肉店に報道陣を一挙に集め、しっかりと会費1万円を取りましたよ。各社、怒りを通り越して呆れています」・・


関連リンク: 【動画】 高梨沙羅の変貌ぶりに驚きの声ww 「すっぴんはもう絶対できない・・」

FISスキージャンプ女子ワールドカップ第5戦 高梨沙羅選手優勝 2017/1/7