9475331インドの16歳の少女シャリニ・ヤダヴさんは、生まれた時から45日毎に皮膚が剥がれ落ちる。






インドの16歳少女、「脱皮」するかのように45日毎に皮膚が剥がれ落ちる


ヤダヴは数時間ごとに保湿クリームを使用しなければならない。ヤダヴさんは外見が原因で学校から追放されたという。



​医師たちは、紅皮症と診断した。残念ながら今のところ現代医学の枠内で紅皮症を治すことは不可能とされている。死に至ることはないが、ヤダヴさんの母親は、毎日が試練だと語っている。


紅皮症
皮症(こうひしょう。英名 Erythroderma)は先行する皮膚疾患や内臓疾患などに続発し、全身の皮膚が真っ赤に潮紅して皮膚が剥がれ落ちる(落屑)状態を呈する皮膚反応であり、単一の疾患ではなく症候名である。
剥脱性皮膚炎とも呼ぶ。


Red Man Syndrome girl's skin shreds like a SNAKE every 6 weeks