9511267TBS系ドラマ「カルテット」。第9話の重要なラストシーンに映り込んでいた“フリー素材ポスター”に注目が集まっている・・



「カルテット」に映り込む“影の主役”にネット騒然「完全に意識持っていかれた」


レストラン「ノクターン」にて、“カルテットドーナツホール”での最後の演奏を終えた4人が、楽屋で語り合う重要なラストシーン。

「松野忠弘 ギターリサイタル」と楽屋に貼られた宣伝ポスターでは、黒シャツを着た“松野忠弘”がギターを演奏する姿が写し出されており、4人の背景に度々このポスターが映り込んでいた。


ドラマ「カルテット」



問題のポスター


ポスターの中で“松野忠弘”として登場していたのは、「自称・日本一インターネットで顔写真が使われているフリー素材モデル」として活動をしている大川竜弥。

WEBや雑誌、広告などで、定められた利用範囲内において「フリー(無料)」で使うことができるフリー素材のモデルとして活躍しており、これまでも度々メディアに登場。“どこかで見たことがある気がする”と思う人も多いはずだ。




放送を観ていた視聴者からは、「大事なシーンなのに完全に意識持っていかれた」「どっかで見たことあると思ったらフリー素材の人だ」と、“既視感”の答え合わせにネット上が盛り上がり、

「確かに楽屋のポスターずっと気になってた」「カルテットで知った大川さんのフリー素材見飽きない」と大川のTwitterへコメントが続々と寄せられた・・


関連リンク: 「カルテット」 ドラマ通が絶賛も視聴率低迷の「3つの理由」

大川竜弥さん インタビュー